悩みはすべて解決!「ピル」の潜在能力

しっかりとピルの副作用を把握しておけば、長所をフルで発揮できるとても凄い避妊薬となります。いまいち抵抗があるという方も、是非正しい知識を身に付けておきましょう。ピルの使用経験がある女性達からの感想も踏まえてお伝えします。

生理痛で頭が痛い女性とピルの薬

ピルに含まれる成分、高品質なものを継続していくには

ピルとはエストロゲン、プロゲステロンというホルモン成分が入っている薬です。低用量、中・高用量のものがあります。
中用量とは以前までは含まれているホルモン量が50μgが普及しており、一般的に中用量とされ、それ以上のホルモンが含まれるものが高用量、低用量は50μg未満とされています。
主に中・高用量ピルは緊急避妊薬として使用されLNG法とヤッペ法がありLNG法は服用回数も1回ですみ、副作用も以前と比較し少なく、より効果的であるとされています。
エストロゲンとプロゲステロンは卵巣で作られ、この2つのホルモンが脳へ働きかけることで卵胞を熟成させるホルモンの分泌を抑えることができます。そのため着床や排卵を抑制することができ、避妊を可能にすることができるとされていますが、生理をとめることはできません。
一般的に低用量ピルは避妊効果として使用されることが多いですが、避妊以外にも生理痛や月経量の軽減などといった症状も改善され、ホルモンバランスが整うため、ニキビや肌荒れなどにも効果的であるとされています。
一方で、以前より軽減したものの、頭痛や吐き気、体重増加、乳房の張りなどの副作用や、重い副作用としては乳がんや子宮がん、血栓症なども確認されているため、自身にあった高品質なピルを服用していくことが望ましいです。
ピルは一般的に婦人科や産婦人科などの医療機関を受診し、医師に処方をしてもらい飲み始めていくものであるとされています。
また、低用量ピルのもいくつかの種類があり、副作用の現れ方も異なるため受診した際に医師と相談し決めていくことが望ましいです。処方されたものではなく、通販やより安価なものや種類をかえる場合には、薬によって含まれる成分がわずかにことなるため、品質のよいピルを服用していく際には副作用や継続できるような価格など相談していくことが大切です。